消費者金融フクホーから民事訴訟→全面敗訴→給与差押された話

借金
スポンサーリンク

消費者金融フクホーから民事訴訟を起こされて全面敗訴、給与差し押さえされた過去のお話です。フクホーは最早大手の消費者金融には相手にされない、いわゆる『金融ブラック』御用達の消費者金融です。取り立ては非常に厳しいところですよ。

スポンサーリンク

消費者金融フクホーとは?

大阪に本店を構える中小規模の消費者金融、サラ金です。

消費者金融・ローン・キャッシングのフクホー

店舗は大阪に一店舗のみですが全国からの融資申し込みを受け付けており、過去に債務整理履歴がある、現在債務整理中であるといった『金融ブラック』にも融資をすることで有名な消費者金融です。

その代わり、金利はお高めです。

貸付金額5万円~10万円未満10万円~100万円未満100万円~200万円
貸付の利率実質年率 7.30%~20.00%実質年率 7.30%~18.00%実質年率 7.30%~15.00%

ちなみに三井住友銀行グループの消費者金融プロミスでの貸付利率は4.5%~17.8%(実質年率)ということですから、フクホーのそれはやはり高めだと言えるでしょう。

大手ではないですし、金融ブラックにも積極的に貸付を行っているということで、貸し倒れリスクも見込んで高めなのでしょうね。

なぜフクホーで借金をしたのか?

僕は激務が原因によるうつ病が原因で短期間の転職を繰り返すようになりました。

仕事が安定しないということは収入が安定しないことに繋がります。そこで借金をするようになり、それを繰り返した結果、どこも貸してくれなくなりました。
そして追い詰められた僕は金融ブラックでもOKなフクホーに手を出してしまったのです。

返済が滞り始めた結果・・・

しかしそんな状況では返済もいっぱいいっぱい、やがては滞るように。

結果、民事訴訟を起こされ、敗訴。給与差し押さえの事態に陥ったのです。差押が原因で当時勤務していた会社にも居づらくなり、結局辞めてしまいました。さらに厳しい状況に陥ったのです。

結論:フクホーでの借金はやめましょう。

フクホーは本気で取り立てに来ます。もちろん、返さない僕が悪いのですが、本気で回収しに来ます。実際に僕は民事訴訟を起こされ、給与を差し押さえられ、それが原因で会社にも居づらくなり辞めることになりました。

もしこの投稿を見ている方でフクホーへの借金を申し込もうとしている方がいらっしゃれば、フクホーへの借金申込みは絶対に止めて下さい。

きっとフクホーに手を出すような状況であれば、既に多重債務に陥っているような厳しい状況ではないかと推察します。僕が言えた立場ではないですが、是非専門家に相談して下さい。弁護士や司法書士はお金が全くない人でも分割で債務整理を請け負って下さいます。

また、法テラスで相談するという手もあります。こちらは適切な専門家を紹介してくれたり、手続きのための費用を貸してくれたりという制度もあります。

法テラス 公式ホームページ

早めの行動が吉です。是非動いて下さい。僕のようにならないためにも。

コメント